2007年03月27日

本 「なぜ株式投資はもうからないのか」

「なぜ株式投資はもうからないのか」
     保田隆明著 ソフトバンク新書
 

◇投資圧力

 企業はこぞってカードを発行して、リボ払いだ、ローンだと借金を勧める。消費者金融は街角で山ほどティッシュを配り、簡単に借りられますと煽る。保険会社は病気になったらお金がかかりますよと不安がらせ、銀行や証券会社は投信だ、外貨預金だ、カードローンだと商品を並べ、「資産運用しましょう」と呼びかける。挙句の果てに架空請求、キャッチセールス、マルチ商法が忍び寄ってくる。今の世の中、財布を狙う目に囲まれて暮らしているような気になりますね。

 一方、わずかな蓄えを守り、増やさないと、年金も期待できないこのご時勢は不安でしょうがない。でも貯金の利息はご存知のとおり。さて困ったというところへ、「預けてるだけだと、実質、目減りしまっせ」「時代は貯蓄から投資へです」という声が聞こえてくる。書店をのぞくと、「1日15分 資産倍増の株投資」とか「初心者でも1億円儲かる株投資」なんて本が平積みにされていて、見ているうちに「儲かりそうだな」「3割リターンがあれば」「貯金が倍くらいになれば・・・」とだんだんその気になっていく。貯金はダサくて、投資はカッコイイような気にもなる。そんな盛り上がった気分になった時に、保田さんの本はちょうどいい熱冷ましになります。

◇儲からない仕組み

 どうして儲からないか。本書では、銀行や企業の思惑、証券会社が誰を見て商売をしているか、個人投資家の情報デバイド、株価が動きやすい新興市場と上場企業の実態、「独自に得た情報」とか「市場の裏をかく戦略」というシロウトの思い込みの危うさ、などをさまざまな角度から指摘しています。

 読めば読むほど「そうだよな」です。書店で株の本を立ち読みしても、「安く買って高く売る」「割安株を見つける」とかの当たり前のことや、ローソク足だの移動平均線だのと指標のことが書いてあるだけ。つまり儲ける方法ではなく、株価や市場動向の評価、売買判断の仕方を書いている。それを勉強して自分で考えて儲けなさい、と書いている。当たり前だけど。確実にうまい儲け方があるなら、本を書いて他人に教えたりしないよね。お札が増えるマジックで、マジシャンが「ホントに増えるなら、こんなところでしゃべってないで、うちでやってるよ」と笑わせていたのを思い出します。でも、マジックでは笑えても、株だと本気になってしまうんですね。

◇平均リターンは5〜10%

 保田さんは、問題を指摘しながら、極めて大事なことを指摘しています。それは過去30年の東証の日経平均から「株式投資での平均年率リターンは5〜10%」とはじいていることです。これを読めば「1億円」とか「資産倍増」とかは夢想しない方がよい、と冷静に判断できます。保田さんは「最低でも年率30%のリターンは欲しいと思っている人が多いようだ」と指摘しながら、「私は、年率5%のリターンという数字を高いと思っている」と言いきります。そして「一般投資家はこの年率5%というリターンをも実は享受できていない」と指摘し、その理由を明らかにしています。

 本書で面白いのは、一般投資家の不利をはね返す方法として「ウェブ2.0」に期待していることです。保田さんはウェブ2.0で知識、情報の共有化を進め、機関投資家に伍していこう、株式リテラシーを向上させようと提案する。他人の損は自分の儲けと思っている投資家が、進歩的性善説に立って行動するかどうかは疑問ですが、「ウェブ2.0」がもたらすかもしれない文化の転換が起きれば、ありうることかも知れません。
posted by 平野秋一郎 at 15:45| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

私の株ブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://kabukdenantoka.blog90.fc2.com/blog-entry-184.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 株でなんとかしたい at 2007年03月27日 17:12
はじめまして^^

私のFXサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/lives1976z/archives/50093379.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

Mass
Posted by Mass at 2007年03月27日 17:52
お邪魔します。

>「1億円」とか「資産倍増」とかは夢想しない方がよい

 そもそも「株式投資」というのは、「事
業に出資して、その見返りを貰う(株価か
配当かで)」ではないでしょうか。ある意
味「誰でもできる」お金で得られるものな
どたかが知れているのではないでしょう
か。「まとまったお金を出す」とか「経営
等をチェックする」ならともかく。

>「最低でも年率30%のリターンは欲しいと思っている人が多いようだ」

それはそうでしょう。1万の5%は500円で、1
億円5%は500万円ですから。
Posted by ブロガー(志望) at 2007年03月28日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

資産運用の情報ポータルサイトが新しくリニューアルしました
Excerpt: ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃最強の投資家を目指してJCM CLUB ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 正しい資産運用をしていますか? ..
Weblog: 毎日更新!キャッシュバック情報!
Tracked: 2007-03-27 16:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。