2008年11月28日

理念なき教育理念

 驚きました。

 11月26日付けの読売新聞朝刊に、前橋市立前橋工科大学が、2008年度の学生便覧に載せた「教育理念」が岡山大学の理念を無断でそのまま引用したという記事がありました。江守さんという学長が「作成者が忙しさから引用してしまったと認識している。学生に申し訳ない」と話したと書かれているから本当なんでしょうね。

 あきれて何も言えませんね。

 いま大学は危機です。少子化につぶされないよう、誰でも入れるようにいろんな入試タイプを編み出して、恥も外聞もなく学生をかき集めた。その結果、大学で学ぶに足る学力も意欲も、学ぶ目標もない学生が集まって困っている。理念なき学生集めの結果です。

 大学の先生は見栄っ張りなのか、建前好きなのか、足元を見ようとせずに高邁な理念やら研究至上主義を標榜している人が多いように見えます。その割には、経営的な判断から、理念なき学生集めに走る。

20年も前に、国公立大学の受験機会の複数化が行われました。AグループだのBグループだのという仕分けですね。その時、学長たちは東大と同じAに入ろうと右往左往しました。「わが大学に入りたいという意思を持つ学生がほしい」と建前では言いながら、東大と離れたら大変と、学生集めに都合の良い位置を占めようと大騒ぎでした。そこには自分の大学を良くすることで学生を集めるようという矜持、独自の教育理念を感じさせるものはありませんでした。

 だから今回のことも、やっぱりね、という感じです。それより学長の「作成者が忙しさから引用してしまったと認識している」という他人事のような発言にあきれますね。忙しければ盗作してもいいのでしょうか。それが言い訳になると思っているらしいのが、こっけいですね。著作権保護の意識すら微塵もない学長、だから教員も理念どころか、遵法意識すらないのだなと納得したことでした。


ラベル:大学 教育
posted by 平野秋一郎 at 19:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。